都内で働くテレビマンのブログ

芸能人の楽屋話やオススメグッズなどを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヤパンこと高島彩

フジテレビのバラエティー番組は

MCアシスタントにアヤパンこと高島彩アナが

立っている事が多いと思いませんか?


なぜか?


彼女はもはや局アナを超えていると言っても過言ではありません。

今回は そんなモンスターアヤパンの話



スタジオ収録というのはよく「泡モノ」とか言われます。

盛り上がろうと冷めようと1回ポッキリの勝負。

そして、その盛り上がり度合いというのは

様々な因果関係によって変わってきますが

主はやはり「出演者のテンション」。


我ら制作の人間は出演者のテンションが

出来るだけ高く保てるように最善を尽くします。

収録中に機材トラブルが起きないように

リハーサルをしたり

出演者の好きな弁当を用意してたり

盛りあがるトークネタの打合せをしたり

カンペを入れたり。


しかし、時には何をしても

全然盛り上がらない事もあります。

「なんか今日のスタジオは盛り上がらないなぁ・・・」

出演者の誰かがふと思ったそのモヤッとした感じは

即、隣の出演者にも伝染します。

そしてスタジオ内全体がドヨンとした空気。

そうなった時は大抵、芸人という男前な人達に

「この空気何とかしてくれ!」という期待の視線が集まります。

MCが芸人にバンバン話をフリます。

芸人もそんな状況は心得ているので

何とかこの空気を打破すべく行動にでます。



そこでドーンと大笑いがくればスタジオの空気は良くなるのですが、

まぁ時として滑る時もあるわけです。



そうなったら負のスパイラル。最悪な状況です。


出演者全体に流れる「今、喋ったらヤケドするぞ・・・」という空気。


誰も喋ろうとしないキンキンに冷え気味のスタジオ内。


制作メンバー陣の中にも「今回の収録はヤバイ・・・」と思った



その時!



司会アシスタントをしていたアヤパンが

こちらをチラッと見て話をはじめました。




「そういえば@@@@さんって、以前お食事したとき@@@@さんの事が・・・・・・」




突然、とある芸人の暴露話を始めたのです。


スタジオの誰しも「えっ!?」と一瞬空気が止まったあと

ドカーンとトークは大盛り上がり。

スタジオを大成功に終わりました。


終了後のスタジオ裏で

「お疲れ様。めちゃくちゃ男前だなお前!」

とプロデューサーが声をかけると

「そんなことないですよっ!」とニコッとカワイイ笑顔。



ヤバイと思ったらプライベートでの自分の肉を

切り売りしちゃうアヤパン

恐るべし。



フジテレビの大物MCの隣のポジションは

まだ当分、アヤパンこと高島彩なんだろうと思います。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tonaitvman.blog20.fc2.com/tb.php/21-cdd58961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。