都内で働くテレビマンのブログ

芸能人の楽屋話やオススメグッズなどを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ不況

今、テレビ不況。

本当にヤバイんですね

どの番組も「そんな制作費で作れないよ!」

っていうぐらい、制作費を削減されている。

テレビ局にお金が本当にない。

なぜテレビ局がそんな事態に陥っているかというと

ボクが思うに

不況+インターネット広告の出現

だと思うんです。

【テレビ不況】
→まず、世の中が不況
→企業は経費を削減
→膨大な予算をかけている広告費を削減
→でも広告をしないわけにはいかない
→安価で効果的な広告を打ちたい。
→テレビCMよりインターネット広告。

てな具合に

テレビ不況の原因はテレビCMが売れてないんですね。

知り合いの広告代理店の友達に聞くと

実際にテレビCMに比べ、

インターネット広告の方が効果的に

宣伝効果が得られている事が多いそうです。



テレビはよく「ながら視聴」と言われます。

何かしながらテレビを見る。

料理しながらテレビ見たり とか

食事しながらテレビ見たり とか 

いわゆる「受動的」


それに比べてインターネットは

自分がPCに向かってページをプレビューして行くので

いわゆる「能動的」



なので老若男女がながら視聴しているテレビより

興味を持ってくれている人にピンポイントで広告を打てる

インターネットの方が効果がある。

実際、すでに「You Tube」を使った広告戦略をしている企業もいますし。

そして、テレビと違って購入履歴がデータとして残って

効果が数字としてハッキリでるのもいいポイント。


なので広告代理店も口を大にして

「テレビCM効果ありませんよ」なんて言わないが

(テレビCM広告費は大きなお金になるので)

実際にテレビCMの方が効果があるのは

シャンプーや洗剤など誰でも使う日用雑貨物くらいだそうです。



あと何よりテレビ局の上層部の危機感の薄さです。

「テレビの影響力は強い」と思っちゃってるおじさんたちの怠慢です。

最近番組の終わりによく見るようになった

DVDBOX販売!!  とか

ケータイで配信!!  とか

これはCMで金が入らないから

放送外収益を得ようとしてるんですね

「おもしろい」番組より「お金になる」番組を作れ!

というおじさん達からの御達しです。



違うと思うんですよね。

テレビがそれをやると駄目だと思うんです。

おもしろいから見てる番組の間にCMを打つテレビが

その境目を自ずから崩したら駄目だと思うんです。

悪循環。


優秀なテレビ局員はコンテンツ部とかに移動させて

優秀なフリーディレクターはインターネット業界に流れていく

テレビはどうなるんでしょうか・・・・・




と今日は民放が不況の中

08年度242億の黒字を出したと

誇らしげになっちゃってるNHKの

ヒドイ予算の使い方を書いちゃおうと

思っていたのですが話が反れてしまった。

またの機会に。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tonaitvman.blog20.fc2.com/tb.php/19-07df7fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。