都内で働くテレビマンのブログ

芸能人の楽屋話やオススメグッズなどを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤ミリヤのCDが売れる理由

昨日、とある大手レコード会社のマーケティング部の人との会食での話。


音楽業界もテレビ業界と同じようにネットデジタルという名の津波に巻き込まれ

CDが売れなく大変なのだそうだ。


そんな中、CDを売るための1つの戦略を教えてもらった。

それはCDアルバムの曲の配列。

前半にシングルカット曲を集めるのだそうだ。

①②③曲めにシングル曲を並べる。


なぜか


CDの売り上げが目標より上を行くか行かないかは

TSUTAYAなどの視聴コーナーで視聴をしてから購入する、

そのCDのアーティストのファンでないお客さんの割合が非常に大きいらしい。


視聴をした際、

「あっ!この曲聞いたことある!お!コレも!おお!3曲目も!」と3曲も続いたら


→「買っても損ではないかも!」となるそうだ。


だから発売前は宣伝カーやテレビ・ラジオあらゆるもの駆使し

アルバムの①②③の3曲を街中でガンガン流して洗脳させる。



そんな話を聞いて

ふと、先週買ったCDがそうだったと思い出す。

最近よく彼女の名前を耳にするなと思いTSUTAYAで視聴。

①SAYONARAベイベー
「おっ聞いたことある」

②Aitai
「この曲もある。イイ曲だ」

③Love Forever
「うん、これも最近よくテレビで流れてるな」


そして実際に購入。

①~③だけでなく非常にオススメのアルバムです。






スポンサーサイト

明石家さんまの秘密

先日のアメトーーク!の収録で業界に激震が走る歴史的な事が起こった。

それは14年ぶりにさんまさんがテレ朝の番組に出演したという事。

いかにスゴいことかは業界人にしか判らないかもしれないので簡単に補足すると




(以下はwiki参照)

14年前、テレビ朝日のさんまの冠番組「さんまのナンでもダービー」で

野村沙知代がゲスト出演。あまりの我儘ぶりだったため、さんまが激怒。

そして激怒された野村が収録中にも関わらず途中で楽屋へ帰ってしまう。

後日、その事がテレビ朝日内部で問題となるが、

テレビ朝日の上層部はさんまに対し野村に謝罪するように要求。

さんまは激怒し「もうテレビ朝日には一生出ない」と心に決める。

番組は終了し、明石家さんまとテレビ朝日との確執は生まれた。




と長~いフリになってしまったが

今回はさんまさんの話。

さんまさんが出演している番組で注目してもらいたいのが



“さんまさんのコメントにはテロップが全く入ってない”



他のタレントさんに入っていても、さんまさんには絶対入っていない。

どんなに面白いコメントを言っている所にも絶対入っていないのです。



これはコメントテロップの入れ方・字体によって

面白さの印象が変わるのがイヤだという さんまさんのこだわり。



確かにテロップというのはディレクターの個性や好みが現れやすいのです。



このさんまさんのこだわりは

芸能界のトップに長い間立っている1つの理由と言えるかもしれません。



テロップにこだわりを持っていると業界では定評のアメトーク。



もし、もし、もし、さんまさんのコメントにテロップが入っていたら

これまた業界激震の歴史的な事なのです。


8月6日のアメトーーク!ちょっぴり注目です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。